みその税理士法人 福重会計事務所

税務関係書類の押印廃止について

こんにちは。

みその税理士法人福重会計です。

新年を迎え、今年も確定申告の時期がやってまいりました。

今回は、その業務に大きく関わることになる「押印廃止」についてご紹介いたします。

昨年12月、『令和3年度税制改正大網』が閣議決定され、「税務関係書類の押印廃止」がいよいよスタートします。具体的には、提出者等の押印が必要とされている税務関係書類について、一定の税務関係書類を除き押印をしなくてもよいというものです。

押印不要の対象には、所得税の確定申告書や法人税申告書、消費税申告書、相続税申告書をはじめ各種届出書が挙げられています。

さらに、押印原則不要の改正は、令和3年4月1日以後に提出する税務関係書類について適用することとされていますが、大綱の注意書きには「改正の趣旨を踏まえ、押印を要しないこととする税務関係書類については、施行日前においても、運用上、押印がなくとも改めて求めないこととする」とも記されています。つまり、実質、年明けの確定申告から押印が必要なくなるということです。

現状、確定申告などの際には、「 e-Tax 」を使用することにより電子署名で済ませることができますが、書類で申告するときには押印が必要となりますので、今後の税務業務に大きな影響を及ぼすことになりそうですね。


確定申告はもちろん、何かお困りなことやご相談がありましたら、お気軽に事務所へお問い合わせください。

みその税理士法人福重会計
埼玉県さいたま市緑区美園6-8-10
電話 048-812-0001
FAX 048-812-0002

給与計算代行